natural seeing

私のこれまでの人生に起こったことをありのままに綴ります

メガネ

メガネが痛い!元メガネ屋が教える自分でできる対処法

投稿日:

今回はメガネが痛いときに自分でできる対処法を紹介します。

メガネの痛みには、主に次の3種類があります。

  • 鼻の痛み
  • 耳の上、後ろの痛み
  • こめかみの痛み

それぞれについて解説していきます。

鼻の痛み

,鼻当ての痛みというのはメガネにはつきものですよね。

鼻当てについては2タイプあり、鼻パッドがついているタイプと、フレームと一体化しているタイプです。

それぞれについて対処法が違うので見ていきましょう。

鼻パッドがついているタイプ

鼻パッドがついているタイプの特徴は、曲がりやすく、調整がしやすいという点です。

ただし、調整がしやすい分、衝撃などで曲がりやすくなっていますので、変な方向に曲がってしまうと、かかり具合が悪くなってしまうのはデメリットです。

このタイプで鼻が痛い場合ですが、一度メガネを外して鼻パッドを見てみましょう。

鼻当ては、通常であれば鼻に添うように、八の字に広がっています。

鼻が痛い場合は、この八の字が崩れ、鼻当てが垂直に立ってしまっていることが多いです。

鼻当てが垂直に立ってしまうと、掛けた時に鼻に食い込むように固定され、遊びが全くなくなってしまうため、痛みを生じてしまいます。

この場合、鼻当てを元の八の字に戻すことで、痛みが和らぎます。

 

鼻当てがフレームと一体化しているタイプ

鼻当てが調整できず、また当たり具合が硬いので、鼻が痛くなりやすいです。

こちらに関しては、自身で調整することができないので、別途アイテムを使う必要があります。

代表的なのは、セルシールです。

セルシールは、やわらかいシリコンのシールで、鼻当ての部分に貼ることによってあたりが柔らかくなります。

 

耳の上、後ろの痛み

耳の周りの痛みを訴える人も多くいます。

この原因は、メガネのツルの耳にかかる部分(モダンなどと呼びます)が内側に曲がりすぎていることです。

↓こんな感じ

この部分は使っていくうちに曲がるものではなく、買った時点で問題があった場合がほとんどです。

メガネ屋に入荷した時点で曲がっている場合もあります。
お渡しする段階で調整すれば問題ないのですが、そのまま渡してしまうお店もあります。

もしくは、調整に慣れていないスタッフだと、ずれにくいようにあえて耳の後ろを上の図のように曲げ過ぎてしまう場合もあります。

確かに一時はずれにくくなるので、新人のスタッフほどやってしまいがちな調整です。

なので、耳の痛みはこの内側に曲がった部分を、キツ過ぎないように外に曲げ直してあげれば解決します。

 

 

 

こめかみの痛み

こめかみの痛みは、解決することが最も難しい不具合です。
メガネの幅が狭いことによって起こります。

メガネを買う段階で、顔に対して小さめのものを選んでしまうと、このこめかみの痛みに苦労することになります。

この調整は、上の二つにくらべて難しく、そもそも幅を広げることができないフレームが多いです。

ですが、できるものもあります。

お持ちのメガネがシンプルな金属フレームであれば、ツルとフロント部分の付け根をぐっと広げることで、幅を広げることができるので試してみましょう。

 

一方、プラスチックフレームの場合はそもそも幅を広げることが難しいです。

お店の人に任せるのが無難ですが、それでも幅を広げるのが難しい場合もあります。

プラスチックフレームは専用の加熱器で温めて調整しますが、
特に最近多い樹脂フレームは、熱耐性が高いため、温めて曲げてもすぐに元に戻ってしまいます。

私も現役時代、樹脂フレームを販売する際は、事前に「幅の調整はできません」と断っていました。

なので、もし樹脂フレームをお使いの型で、こめかみが痛いと感じる場合は、費用はかかりますが買い替えをおすすめします。

ads

スポンサーリンク




ads

スポンサーリンク




-メガネ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私がメガネで目が小さくなる悩みを解決した方法

メガネで目が小さくなるのは本当に嫌ですよね。 今回は、元メガネ屋の私が、目が小さく見えないようにする方法を紹介します。 目が小さくなるのが嫌だけど、小さいフレームに買い換えるとか、そういった方法はいや …

メガネ屋の私が子どもにメガネを掛けさせない理由

メガネ屋の私が言うのもおかしなはなしかもしれませんが、もし私に子供がいて、目が悪くなったとしても、メガネは掛けさせないでしょう。 本日は、その理由について解説していきます。 子どもにメガネをかけさせな …

メガネ屋が教えるメガネの歪みの怖さと選ぶべきフレームタイプ!!

今回は元メガネ屋の筆者が、メガネの歪みはすぐに直すべき理由と、その直し方について解説いたします。 メガネの歪みをそのままにしている方が多いです。 メガネ屋で働いていると、日々色々な方のメガネを拝見しま …

メガネは目を悪くする根拠しかないことを眼鏡屋が解説

メガネを掛けると目が悪くなるは本当か? 今回は、眼鏡屋で働く筆者が、メガネを掛けると目が悪くなることについて解説します。 「メガネを掛けると目が悪くなりますか?」 皆さんの中にも、このように眼鏡屋さん …

元メガネ屋のメガネの洗い方の結論:クリーナーよりも中性洗剤

今回は、 メガネの洗い方、手入れ方法でお悩みの方、またはどのように手入れすればよいのかわからない方にむけた記事となります。 私が眼鏡屋で働いて試した方法の中で、もっとも良いと思った、メガネの洗い方を紹 …