【実体験】リップクリームをやめたら起こるヤバイことをまとめてみた

スポンサーリンク

この記事では、

リップクリームを毎日数十回使っているリップクリーム依存症の人が、ある日突然リップクリームをやめると、一体どのようになるのかということを、実体験に基づき紹介しています。

リップクリームを使い過ぎている、すぐ塗ってしまうという人で、リップクリームをやめようか迷っている人へ向けて書いております。

私は大学生の頃、リップクリーム依存症に陥りまして、一日10回以上はリップを塗る生活を続けていました。

ある時から、リップを使わないとすごく唇がヒリヒリするようになり、すぐにリップを塗りたくなるようになってしまったり、今まではなかった唇の皮むけが起こるようになってしまいました。

この頃よりリップクリームを塗ることに疑問を感じ始め、調べてみると、リップクリームは唇自身が持つ保湿機能を弱体化させている可能性があることを知りました。

そして私は、リップクリームを一日10回以上使う生活から、リップクリームを全く使わない生活に切り替えることにしたのですが…

完全にリップクリームを使わなくて良くなるまでには、様々な困難がありました。

唇が乾燥する

リップクリームをやめると唇がむちゃくちゃ乾燥し始めました。

その乾燥ぶりは、想像を絶するほどで、唇全体が、皮がむけたようになり、パリパリとひび割れました。

正直ここまで荒れた唇になるとは思っていなかったので、かなり衝撃を受けました。

荒れたからといって、リップクリームを塗ってしまっては意味がないので、そのまま我慢するわけですが、そのことがかなり苦痛でした。

まず、最初はかなりヒリヒリして、どんどん唇が荒れていくので、「本当にこのまま放っておいて大丈夫か?唇が死んでしまうのではないか?」という不安が襲ってきました。

ただ、唇のヒリヒリは、1〜2週間ほどでなくなりました。本当の悩みは、唇の「見た目」の方でした。

ひび割れと皮むけで、驚くほど荒れ放題になりました。唇が荒れている人は時々見ますが、その時の私ほど唇が荒れている人には未だ会ったことがありません。

特に最初の数ヶ月は、とても人前に出れるような唇ではなかったため、マスクをして口元を隠していました。

常にマスクをしているわけにも行かないので、時々は外していたのですが、その時はかなり他人の視線が気になって、自信を持って話すことがなかなかできませんでした。

2〜3ヶ月経つと、ひび割れは落ち着いてきましたが、依然として尋常じゃないほど皮が剥けていました。

友達からは、唇にパンカスが付いているみたいだと言われました(笑)当時は結構ショックだったのを覚えています。

この唇の皮むけうやひび割れですが、私の場、完全に治るには約9か月を要しました。

9か月というとかなり長いような気がしますが、実査は最後の2〜3ヶ月は、ちょっと荒れているぐらいだったので、本当にしんどかったのは6ヶ月ほどです。それでもかなり長く感じました。

自信が持てなくなる

先ほども書きましたが、唇が荒れていることにより、自信を持ってコミュニケーションすることができなくなってしまいました。

どうしても相手にどう思われているかが気になってしまい、「不潔だと思われていないか」、「身だしなみに気を使わないやつだと思われていないか」と気になってしまいました。

見た目に自信が左右されないような、強靭なメンタルがあれば別だったのですが、なかなかそのような人もいないでしょう。

私の場合は左右されまくりで、誰かと会おうと思っても、「唇がこんなだしいいや」と、考えを変えてしまうことが多かったです。

写真を撮られるのが嫌になる

リップクリームをやめている期間に旅行に行ったのですが、私は見た目を気にして、ずっとマスクをしていました。

写真を撮る時くらいはマスクを外したかったですが、荒れた唇で映るのも嫌だったので、マスクをしたまま、写真を撮ってもらっていました、

あとあと見返してみると、一人だけマスクで写っている写真は相当滑稽でした(笑)

この頃は、せっかくの思い出を、唇のせいでしっかりと残せないことが悔しくて仕方なかったです。

唇の状態で一喜一憂する

皮むけが少ない日は気分が良いですが、皮むけがひどい日はかなり気分が落ち込む、と行ったように、メンタルが安定しませんでした、

そうなると、他の大事なことに集中できないため、多くの時間を無駄にしてしまいます。

このように、リップクリームをやめたことで、唇が尋常じゃないほど荒れ、その結果、想像以上の不都合がありました。

これからリップクリームをやめたいと考えている方に、是非この私の体験談を知っていただきたいと思います。

今までリップクリームを使っていた頻度にもよりますが、想像以上に荒れますし、治るまでの期間は長く、辛い時間を過ごさねばなりません。

安易に挑戦すると、必ず後悔しますので、こう行ったデメリットを知った上で、リップクリームとの付き合い方を考えてみてください。


スポンサーリンク