ハズキルーペと老眼鏡の違いが分からない方へ

スポンサーリンク

冒頭で言うのも何ですが、ハズキルーペと老眼鏡は同じものです。

異なるのは、フレームの品質、レンズの品質の2つだけです。

この3点について解説していきますが、その前に、ハズキルーペと老眼鏡に対する世間一般の認識についても述べておきたいと思います。

ハズキルーペは老眼鏡ではない??

一般には、まだこのように思われていることが多くあります。

「ルーペは拡大鏡なので、ものを大きくする役目があります。老眼鏡は、ピントを合わせる役目です。」

上のような説明がされているのをよく見ます。

「なので、老眼鏡を掛けた上から、ハズキルーペをかけると良いです」

というような説明が、眼科や眼鏡屋のホームページでされていることもあります。

ですが、これはほとんど嘘なのです。

ハズキルーペのようなルーペと、老眼鏡は、どちらも凸レンズという同じレンズを使っています。

凸レンズは、目の前に持ってくると、ピントを合わせる機能と、ものを拡大して見る機能両方を持っています。

ルーペは拡大、老眼鏡はピント合わせのように分解して捉えるのは、驚くべきことですが、ただの勘違いです。

確かに、「老眼鏡」というネーミング自体があまり良いものではないということは言えます。

老人ではなく年配者と呼びなさいと、小学生でも教育されるご時世ですが、老眼鏡は未だに老眼鏡のままです。

ハズキルーペはその点、「老眼鏡ではなくルーペです」と言うことで、まだ老眼と自覚したくない30代~40代の方もターゲット層に取り込もうとしています。

しかし、これはあくまでセールストークなわけで、真に受けてはいけないのです。

というように、ハズキルーペと老眼鏡は基本的に同じものだと分かったところで、細かい違いについて説明していきます。

ハズキルーペと老眼鏡の違い

①フレームの品質

これはCMでも度々放送されている通りです。

お尻で踏んでも壊れない、耐加重100kg

と宣伝している通りで、フレームの強度は確かに高めです。

フレーム自体はポリアミドという高性能プラスチックで出来ています。ポリアミドは。メガネフレームにもよく使われる素材で、曲がっても元に戻る、変形しにくいプラスチックです。

これ自体は珍しい素材ではありませんが、フレームとレンズの接合の仕方が特殊で、上から踏んでも、パタンと折り畳まれるように曲がって、フレームへの負荷がレンズに伝わらないようになっています。

こういった眼鏡フレームもないことは無いですが、耐加重100kgのように売り出しているフレームは見たことがありません。

ハズキルーペも、壊れるときは壊れます。私も店舗で働いていると、壊れたハズキルーペを持ってくるお客さんが時々います。

ただ、ハズキルーペは破損に関しては、保証がむちゃくちゃ充実しているのです。

通常の使用で、ハズキルーペが壊れてしまった場合は、3年以内ならば何度でも交換という保証や、

1年以内に自分で壊してしまった場合も、一回は無料で新品と交換してくれる保証があります。

これは眼鏡業界では類を見ない、超優良な保証です。

それだけ壊れない自信が、メーカー側にもあるということでしょうか。

②レンズの品質

ハズキルーペは、レンズも良いものを使っています。

一つはブルーライトカット機能が標準装備という点で優れています。

ブルーライトカットが本当に目に良いかは別問題として、通常であればブルーライトカットレンズにするだけで、普通のレンズから3,000円くらい高くなるのが基本です。

そのレンズが標準装備なのに加え、ハズキルーペには輻輳を補助する、BIプリズムレンズが使われています。

輻輳とは、目を寄せる、寄り目にするということの専門用語で、

BI(ベースイン)プリズムとは、その寄り目を助ける度数のことです。

近くを見るときには、人間誰もが寄り目になります。実はこの寄り目にするという行為、人によってはかなり負担になるのです。

それを軽減するのがBIプリズムなわけですが、普通に売ってる老眼鏡や、眼鏡屋で作る老眼鏡には、ほとんど組み込まれていません。

それは、普通に作るとけっこう歪んで見えたりするので、作るのが難しいということ、そもそも業界で、プリズムレンズがまだあまり重要視されていないということが理由に思われます。

そういった点で、ハズキルーペのレンズは先駆けています。

ハズキルーペが普通の老眼鏡より鮮明に見えると仰る方は多いですが、その理由の一つがこのBIプリズムで、寄り目になるのを補うことにより、両目の連携が良くなり、より立体感ある見え方が得られるのです。

また、詳しい説明は省きますが、ハズキルーペが他の老眼鏡に比べて、ものが大きく見えるのも、このBIプリズムのお陰であったりします。

スポンサーリンク

未分類

Posted by sousasaki